夜道で彼岸花を撮影してたらヤンキーが絡んできたんだが

襲い掛かる変態を撃退

夜道で彼岸花を撮影してたらヤンキーが絡んできたんだが
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250

■コチラが無防備な時に


今年2019年度は、猛暑のためか
彼岸花が咲くのが全国的に遅かったですね。

10月に入ってやっと見頃です。


そんな彼岸花を撮影するために、
どこか沢山咲いている所まで
お出かけしたりするでしょう。

アナタはフラッシュ撮影を使って夜間に
撮影したいと思われたかもしれません。


昼間の方が撮影が容易ですが、
夕闇の中で観る彼岸花も美しいです。

しゃがんで撮影すると思いますが。


そんな無防備な時にですよ?


夜道で彼岸花を
撮影してたら
ヤンキーが絡んできた



「兄ちゃん何やっとんの~」


最初は警察に声をかけられたのかと思いました。

が、振り向いたら顔中ピアスだらけの
気持ち悪い顔しらヤンキーだった!



そりゃ確かに夜間となると遭遇しやすいけど。

それとも、観光客を狙った犯罪なのかな?

■可能であれば速攻逃げてください!


私は速攻逃げた。

身軽な恰好だったことと、
相手が二人だけなのが救いだった。

結果、なんとか難を逃れた。


もちろん、聡明なアナタであれば、
ヤンキーや不審者に遭遇したら
速攻逃げることを選択すると思います。

腰を抜かしたとか言ってる場合じゃない。


ヤンキーが一般人に声をかける理由は、
相手を茶化し揶揄う時か、又は、
金銭を奪うことが目的です。

女性が相手なら痴漢目的など。



可能であれば速攻逃げてください!

ですが、ヤンキー共が数体いて、
囲まれて逃げきれない状況だったら?



脅かして申し訳ありませんが、
考えただけでもぞっとしますよね。

でも、これが現実なんです。


また街中ではなく田んぼなど
田舎となると殆ど人がいません。

つまり、助けを呼ぼうにも不可能です。


だから、逃げるしか選択肢がありません。

もしも逃げきれない時のために、
前もって護身術を身に付けていれば
良いのですが。



恐らく現時点でアナタは、護身術も、
防犯グッズも何も装備してないとお察しします。

護身術を覚えておくだけでも、
逃れるか逃れられないか左右します。


自分の身は自分で守る。

他の誰でもない、アナタだけです。




⇒今すぐ護身術を身に付ける
(当ブログのメイン記事へ)


1
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250

ピックアップ!

月別アーカイブ

DubLi-Travel3-Japanese-300x250