鉄オタと不良の喧嘩を目撃したサラリーマンの話

スグに使える護身術

鉄オタと不良の喧嘩を目撃したサラリーマンの話
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250

■日本中どの駅にも出没する不良


不良というのはいつどこで遭遇し
襲ってくるか分かりません。

通勤のためにいつも利用する駅のホームに
行けばその不良共が屯してませんか?


非常に残念なことに、地方の駅だろうと
街中や都会の駅でも出没するのです。

北海道の日本最北端の稚内駅から、
鹿児島県の日本最南端の西大山駅まで、
どこにでもいます。


「大きな駅なら駅員や鉄道警察が
 助けてくれるのですよね?」



と思われるかもしれませんが、甘いです。

駅員はあっけなく不良にやられますし、
鉄道警察もいつもいるとは限りません。


なので、自分の身は自分で守るしかありません。


■列車が停まる度に車体を蹴る


これは知り合いのサラリーマンの男性から
聞かされた話だが、彼がいつものように
自宅まで帰るために駅に着いた時だ。

丁度列車がやって来たものの男性が降りる
駅には停車しない列車だから待つことに。


その瞬間、信じられない光景を目的した。

三体もの不良が停車した列車の車体を
思い切り蹴っていたのだ。



当然、乗っていた人はビックリしただろう。

降りる人タチも迷惑そうに見るも、
相手にすると自分が襲われる危険性が
あるため見て見ぬふりをした。


だが男性は、その目的した様子をすぐに駅員に通告した。


「高校生くらいの少年たちが
 停車した列車を蹴っていた!
 危ないからやめるよう注意してくれ!」



という感じに。

駅員は早速ホームへ向かい、
これで収まるだろうと男性は信じた。


が、駅員は不良共に脛を蹴られ、
あっけなくトボトボと戻って来た。


しかもその駅は、鉄道警察はいなかった。


■男性が取った行動とは


男性は次に来る列車に乗る予定だ。

だが不良共はまだホームにいた。


まるで、女性を車で誘拐して性暴力をする
気持ち悪い男のようにゲラゲラと笑いながら

意味不明な会話をしていたそうだ。

その時、男性が乗る列車が来た。


「また車体を蹴るかもしれない」


そう思った男性は、その様子をスマホの
カメラ(動画)で気付かれないように
撮影したという。


そして列車がホームにやって来た瞬間


「お前らドケよ!
 撮影の邪魔なんだよ!」



突然、怒鳴り声が聞こえた。

男性によると、これは三体の不良の
ではなかったとのこと。

では誰の声かと、男性の話によると。


■鉄オタVSヤンキー


偶然にも列車の撮影をしていたメタボ体型で
且つ職についてなさそうなブサイクな男が
不良共相手に罵声を浴びせたという




いわゆる、社会問題となってる鉄オタだ。

一般人からすると通勤電車なんか撮って
何が楽しいのかわからないものだ。


しかし、今回ばかりは男性にとって
少し心強いと感じたそうだ。

無論、不良共はその鉄オタに向かって
暴力を振るったのは言うまでもない。


男性はそんな様子をカメラに納め、
これをツイッターやフェイスブックなど
各SNSに拡散したという。

最初からそうするつもりだったそうだが、
鉄オタの乱入は予想外と言っていた。


で、駅の名前、時刻、日にち、
具体的な詳細を書いた上で投稿した。


結果、鉄オタは不明だが
不良共三体は学校に通報され
退学処分となったという。笑



■そう奇跡は起きるとは限らない


男性曰く、この騒動は奇跡と言っていた。

とはいえ、これは本当に運が良かっただけ。

鉄オタは鉄オタで迷惑だし、
ホームで立ってるだけで邪魔扱いする。


それに、男性の話によると、今回は自分に
被害が及ばなかったから良かったものの、
もしも自分に襲い掛かってきたらと
思うとぞっとしたという。



本来、こういう変質者に遭遇すると、
襲われた時には誰も助けてくれない。

そう、自分の身は自分で守るしかない。


ならば、身を守る術として、
格闘技を身に付けたいところだが。

サラリーマンという職業柄、
その時間が無いように思える上に、
それなりの厳しい稽古が必要である。


そもそも、まだ習得してもないのに
不良に襲われたら元も子もない。

今すぐに使える護身術が欠かせない。



⇒今すぐ護身術を身に付ける
(当ブログのメイン記事へ)


1
  • DubLi-Travel3-Japanese-300x250

関連記事

月別アーカイブ

DubLi-Travel3-Japanese-300x250